北海道マイホームセンター


モデルハウスブログ

HOME > モデルハウスブログ > 札幌会場 > ミサワホーム北海道 > 住まいの保障制度について


札幌会場 ミサワホーム北海道のブログ


2016/08/26

住まいの保障制度について

 

はじめましてenlightened

今年の四月に入社したばかりの新入社員の長谷部爽介と申します。

今回ブログを担当させて頂きます。よろしくお願い致しますsun

 

夏休みへ入り、海へcancer、山へtaurus、色々なところへ行きたい季節になってまいりましたねenlightened

私は、会社の皆様と赤平キャンプへ行きましたcar

気温31℃の中、BBQbeerに、テニスにtennis満喫しまして...

これでもか!というくらい„sun真っ黒sunに日焼けしました...笑

私の日焼け姿を見に、マイホームセンター札幌会場へお越しくださいませ...笑

 

 

さてさて今回は pencilお家に関する保証制度」pencil について書いていきます!

 

電化製品などを購入した際に、「○年保証!」「永久無料保証!」

などというワードは一度は目にしたことがあると思います!

 

お家に関しても、「保証制度」というものがあるのはご存知でしたかsign02

 

そして、お家に関する保証制度は、大きく分けて2つございます。

「瑕疵担保責任」「保証責任」2つです。

 

いきなり難しそうなワードが出てきましたね­…frown

でも安心してください!可能な限り簡単に!説明致します!

 

 

簡単にこの二つの保障制度の違いについて説明しますと

pencil「瑕疵担保責任」pencilの方は、法律で定められているのもで、必ず10年間

この保証をつけなければならないと決まっております。

 

そして、購入したお家に、何か不具合が生じた際に、

そのthunder不具合thunder、施工した側、すなわち工務店さんや、メーカーさん側の

thunder施工ミスthunderであることを立証しなければ保証を受けることが出来ません!sad

 

壁紙に亀裂が入っているなど、目に見える部分ならまだしも、壁の中や天井の裏など、

目に見えない部分の施工ミスは、普通に生活している上で見つけるのはtyphoon至難の業­typhoonです・・・

お金を払って、専門の方に見ていただいて初めて、施工ミスに気付けるかもしれません。

そうしている間に、5年、10年を時間が経過していき、気づいた時にはもう遅い...?

となる場合があるかもしれませんsweat01

 

定期点検houseや、メンテナンスhouseが、充実しているメーカーさん、工務店さんですと、

そんなことが起きる可能性は、限りなく少なくなる!と思います。

メーカーさん選び、工務店さん選びの際は、このあたりも気にしたらいいかもしれませんね!

 

 

 

そしてpencil「保証責任」pencilについてですが、

これに関しては、5年でも10年でも、20年でもメーカーさんや工務店さんによって、

その期間は様々となっております。

 

お家は、購入してから30年、40年、それ以上ずっと長く付き合っていくものなので、

保証は長ければ長いほど良いですよね。

可能であれば永久保証が良いですよね。

 

それぞれのメーカーさんや、工務店さんが定める保証責任については、

保証書に記載されている内容に基づいて保証されますenlightened

 

例えば、家を購入し、入居したその日に、壁紙にひび割れを発見してしまった場合

保証書に「6mm以上のひび割れが発生した場合~」などという明記がされていた場合は、

それは保証の対象になります。例えばの話ですよ?笑

 

瑕疵担保責任と違う点は、この状況を、お金を払って詳しい人に見てもらって、立証して~

という、面倒な工程がないことです。

お客様にとっての負担が最小限で済みますsmiley

(元はといえば、壁紙にひび割れがなければいい話なのですが...笑)

 

 

簡単に説明したつもりが、少々長くなってしまいました...

少しでもお家に関する保証制度に、興味を持っていただければ幸いです。

 

もっと詳しいところまで知りたい!勉強してみたい!

と、思っているお客様は、enlightened北海道マイホームセンター当札幌会場 enlightenedまでお越しください。

沢山のミッフィーが暖かくお出迎えしてくれます!笑

IMG_8952.JPG

 

 

以上、長谷部がお送りいたしました。

ありがとうございました。